チャイナエアライン、エアバスA350-900型機を7月受領へ 12月にも欧州線に投入

CI1

チャイナエアラインは、エアバス350-900型機を7月に受領し、12月にも運航を開始すると発表した。

チャイナエアラインは、エアバスA350-900型機を14機発注しており、2016年は4機を受領する予定。エアバスA350-900型機では燃費が17%改善し、金額にして1機あたり年間7,000万台湾ドル(約2億3800万円)のコストダウンが可能になるとしている。また、長距離線用機材の平均機齢は3.6年になる。

座席数は、プレミアムビジネスクラス32席、プレミアムエコノミークラス31席、横3席が一体となる「ファミリーカウチ」を含むエコノミークラス243席の全306席。12月からはアムステルダム線、ローマ線、ウィーン線に投入する予定で、将来的にはエアバスA350-900型機14機と、ボーイング777-300ER型機10機が長距離線の主力機材になるとしている。

詳細はこちら

フィリピン Wifi 最安価格

日本-オーストラリア行き航空券

日本-オーストラリア行き航空券

41,449
Traicy Talk (新着投稿)
  • U東京から京都に最安で行く方法
  • Uヴェトナム航空 、日本発着タイ行きでセール2.8万円から
  • Uホテルをお得に泊まるには?
  • Uインスタ映えするご飯屋さん
  • Uビールの美味しい国
  • U成田の北ウェイティングエリアはどうなる?
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイレージクラブ
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • 雑談
  • 中米周遊に必要な予算は?
Traicy Talk(回答有)
  • 乗り継ぎにオススメな国際空港はどこ?
  • 香港のディズニーランドについて
  • 成都おすすめのスポット教えてください!
  • 東海道山陽新幹線、途中下車するなら
  • 山口に安く行く方法
  • ホストファミリーへのおすすめお土産を教えてください