チャイナエアライン、エアバスA350-900型機を7月受領へ 12月にも欧州線に投入

CI1

チャイナエアラインは、エアバス350-900型機を7月に受領し、12月にも運航を開始すると発表した。

チャイナエアラインは、エアバスA350-900型機を14機発注しており、2016年は4機を受領する予定。エアバスA350-900型機では燃費が17%改善し、金額にして1機あたり年間7,000万台湾ドル(約2億3800万円)のコストダウンが可能になるとしている。また、長距離線用機材の平均機齢は3.6年になる。

座席数は、プレミアムビジネスクラス32席、プレミアムエコノミークラス31席、横3席が一体となる「ファミリーカウチ」を含むエコノミークラス243席の全306席。12月からはアムステルダム線、ローマ線、ウィーン線に投入する予定で、将来的にはエアバスA350-900型機14機と、ボーイング777-300ER型機10機が長距離線の主力機材になるとしている。

詳細はこちら

ハワイ Wifi 最安価格

日本-オーストラリア行き航空券

日本-オーストラリア行き航空券

33,414
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN香港のおすすめ中華料理
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • U国際線韓国乗り継ぎ時間1時間は短いのか?
  • U海外旅行中にあったトラブルについて
  • U米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • U昔の海外旅行
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイレージクラブ
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
  • 雑談
  • JALマイレージバンク
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
Traicy Talk(回答有)
  • STWさんと旅工房さん
  • Airport Limousine成田東京線の存在意義?
  • ストップオーバーが無料の航空会社は?
  • 制限エリアで買った食べ物の機内持ち込み
  • 海外旅行保険はいってますか
  • 翻訳のしかた