航空会社の安全性評価 最低ランクは10社 インドネシアが大半

Pocket

Airlineratings

航空格付け会社のエアラインレイティングス(AirlineRatings)は、7段階で評価する航空会社の安全性評価をアップデートした。

1つ星は、バティック・エア(インドネシア)、シティリンク(インドネシア)、カルスター・アビエーション(インドネシア)、ライオンエア(インドネシア)、ネパール航空(ネパール)、タラ・エア(ネパール)、トランスヌサ(インドネシア)、ウイングス・エア(インドネシア)、エクスプレス・エア(インドネシア)、スリウィジャヤ航空とNAMエア(インドネシア)。2つ星は、アリアナ・アフガン航空(アフガニスタン)、PNGエアー(パプアニューギニア)、ブルー・ウイング(スリナム)、ダーロ航空(アラブ首長国連邦)、カーム航空(アフガニスタン)、ノックエア(タイ)だった。1つ星となったのは10社、2つ星となったのは6社だった。大半がインドネシアの航空会社となっている。

日本の航空会社では、全日空(ANA)、ANAウイングス、日本航空(JAL)は7つ星、エア・ドゥとジェットスター・ジャパン、ピーチ、スターフライヤー、バニラエアは5つ星となっている。国際航空運送協会(IATA)の国際運航安全監査プログラム(IOSA)認証を受けていない場合、最高評価は5つ星となる。

詳細はこちら