函館市、観光誘客・助成事業「はこだて割」を開始 宿泊最大50%、ツアー商品5,000円割引

はこだて割

函館市は、新型コロナウイルスの影響により大きく落ち込んだ観光需要の早期回復を図るため、市内での宿泊を伴う商品の宿泊料金などを助成する、函館市観光誘客促進事業「はこだて割」を2022年1月4日から実施する。

3,000円以上10,000円以下の宿泊商品を対象に、1人1泊あたり50%の割引(上限1泊10,000円)を3泊まで受けられるほか、10,000円以上の交通付きツアーが3連泊まで、1人1泊あたり5,000円の割引を受けられるというもの。居住地の制限はない。予約・販売期間は12月15日から2022年3月30日まで。宿泊期間は2022年1月4日チェックインから3月31日チェックアウトまで。

予算が終了次第、予約の受付を終了する。助成には、新型コロナウイルスワクチンの接種かPCR検査の陰性証明が必要になる。また、Go To トラベルキャンペーンが再開した際には、併用が可能。対象事業者と宿泊施設は未定で、決定次第、公式ウェブサイトにて公開される。