JAL、「初日の出 初富士フライト」を実施 羽田・成田発着で

JAL

日本航空(JAL)は、「初日の出 初富士フライト」を2022年元旦も運航する。

羽田空港発着は、JAL4101便としてエアバスA350-900型機を初めて使用して運航する。午前5時45分に出発し、南アルプス上空で初日の出を鑑賞し、日光付近を経て、午前8時に帰着する。旅行代金は、ファーストクラス窓側2席で180,000円、普通席窓側3席は117,000円、普通席翼上中央席1席は25,000円など。11月11日午後2時から抽選受付を開始する。

成田空港発着は、JAL4001便として国際線仕様のボーイング767-300ER型機で運航する。午前5時35分に出発し、館山沖でご来光を拝み、東京湾上空を経て富士山、伊豆諸島を通り、午前8時に帰着する。旅行代金はビジネスクラス2席で158,000円、エコノミークラス窓側2席で98,000円など。11月12日午後2時から抽選受付を開始する。

いずれも機内では、特製のおせち風弁当を提供するほか、「初日の出限定オリジナルキーホルダー」のお土産やご搭乗を記念した「搭乗証明書」も用意する。前泊プランや「「東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージプラン」も用意する。いずれも旅行主催はジャルパック。

この他にも、関西国際空港発着を名鉄観光サービス、中部国際空港発着をJTBが販売している。

詳細はこちら