坊っちゃん列車、1乗車1,300円に 松山・伊予鉄、市内電車も180円均一に値上げ

伊予鉄道・伊予鉄バスは、12月1日に運賃改定を実施する。観光客向けの「坊っちゃん列車」は1乗車大人1,300円となり、市内電車も180円均一となる。

安全性と利便性を向上させるため安全投資を行い、老朽化した車両・施設の更新やバリアフリー化を推進するために運賃改定を実施するとしている。市内電車は均一運賃を、郊外電車は3キロまでの初乗り運賃を、それぞれ180円に値上げする。その他の区間も含め、各区間とも10円ずつの値上げとなる。

また、坊っちゃん列車は、1乗車1,300円とする。2020年10月には1乗車の料金を800円から1,000円に値上げしていて、坊っちゃん列車の料金の値上げは2年連続となる。

その他、鉄道と連絡するバス路線などで運賃を見直し、定期券の割引率の改定も行う。

詳細はこちら

B!