ユーカリが丘線で顔認証乗車システムの実証実験 鉄道改札機では初

山万、パナソニック コネクティッドソリューションズ、ジョルダンは、9月15日より山万ユーカリが丘線とコミュニティバスで、顔認証乗車システムの実証実験を開始した。

パナソニックが提供する顔認証技術とジョルダンが提供する決済・チケット管理システム「JorudanStyle3.1」を用い、非接触・非対面での本人確認とチケット確認、乗車管理を行う。鉄道改札機で同様の実証実験を行うのは業界初だという。

期間は2022年1月31日まで。対象路線は山万ユーカリが丘線全駅、ユーカリが丘コミュニティバス5路線。実証実験は普通乗車券と定期券で行い、モニター数は約100名を予定している。

詳細はこちら

B!