東京駅新幹線コンコースに飲料・食物販自販機設置 マスクや除菌シートなども販売

東京駅 自販機

JR東日本クロスステーション ウォータービジネスカンパニーは、飲料・食物販自販機を東京駅新幹線コンコースに設置し、7月9日より営業を開始した。

新幹線利用者を想定し、「移動者向けバラエティ自販機」をテーマに、アキュアの自販機で展開している飲料に加え、食品・菓子・マスクや除菌シートなどの雑貨を一緒に販売する。決済方法は交通系電子マネーのみ。

飲料だけでなく食品もあわせて販売することで、時間帯ごとに自販機で一番売れる食べ物や、飲料と一緒に買われている商品などを把握し、従来の飲料自販機ではカバーできなかった、新たなニーズの取り込みを狙うという。