2020年のパスポート発行数、前年比70.3%減の約134万冊

外務省

外務省は、2月20日の「旅券の日」に合わせて、2020年の旅券統計を発表した。

2020年の旅券(パスポート)の発行総数は約134万冊で、前年比70.3%減少した。このうち国内での発行数は約125万冊で、全体の約93.2%を占めている。

一般旅券の紛失や盗難件数は約1.2万件と、前年比72.3%減少した。このうち約8割が日本国内で発生していた。このうち約80%が日本国内で発生している。海外で旅券の不正利用が発覚した件数は10件、18冊だった。