新宿・京王百貨店、「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」開催 ネット予約、冷凍駅弁も初販売

東京・新宿の京王百貨店は、「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」を1月7日から20日まで、7開催事情と5階特設会場、中地階エキサイティングスポットで開催する。

「がんばろう!駅弁」をテーマに、約30の駅弁調製元による「実演販売」と全国から運ぶ「輸送駅弁」を合わせた、42都道府県の駅弁約300種類を集める。常磐線の復旧を記念した特集や、干支の牛肉駅弁特集なども展開する。懐かしの在来線特急をテーマにJR東日本リテールネットが企画した、特急列車のヘッドマーク弁当6種類も用意する。

7階の出店数を約3割減らすとともに、お休み処を休止することで、会場内の通路を確保する。5階と7階では入場人数に制限を設ける。

また、ウェブサイト「京王ネットショッピング」の駅弁大会専用サイトで、約50種類の駅弁の事前予約・決済も初めて導入する。商品の受け渡しは、各日6回に分散する。さらに、会場に行かなくても楽しめるよう、「冷凍駅弁」を初めて販売する。

営業時間は午前10時から午後8時まで、13日は7階のみ午後5時まで、最終日は午後6時まで。

「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」は、年に1回開催する名物イベント。1966年2月から開催しており、今回が56回目。約2週間の売上高は約6億円に達する。