デルタ航空、日本へのボーイング777型機最終運航は10月30日 貨物専用便で

2020年10月28日 水曜日 1:08 午後

デルタ航空

デルタ航空は、10月末で退役するボーイング777型機の日本からの最終運航が、10月30日になると発表した。

日本最終日は、アトランタを10月28日午前9時に出発し、東京/羽田に翌29日午後0時40分に到着するDL3455便と、折返しの10月30日午前11時50分に出発し、ロサンゼルスに同日午前6時に到着するDL3456便。いずれも貨物専用便として運航する。最終運航日は10月31日のニューヨーク発ロサンゼルス行きとなる。

デルタ航空は、ボーイング777-200型機を1999年に導入。2008年以降、ボーイング777-200LR型機を10機追加し、現在は18機を運航している。東京/羽田〜ロサンゼルス線や東京/成田〜アトランタ線にも投入していた。コスト効率の高い機材に置き換えを進めており、ボーイング777型機全機を10月末までに退役させる。後継機はエアバスA350-900型機となる。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内