ロシア、2021年初頭から電子ビザでの入国許可へ 日本含む52か国に、地域制限なし

2020年10月8日 木曜日 6:26 午後

ロシア連邦外務省

ロシアのミハイル・ミシュスティン首相は、日本を含む52か国の国民が、2021年初頭よりロシア連邦に電子ビザで入国することを認めた。

現在ロシアの電子ビザは極東5空港からの入国で実施されており電子ビザの区域は拡大されつつあるが申請外地域の訪問は制限されている。2021年からこの電子ビザを全土に拡大する方針であることは確認されていた。

ロシア政府の発表では、この電子ビザで全国を周遊できるようにする。また、滞在期間を8日から14日に拡大する。電子ビザは観光、ビジネス、人道などの目的で発行され、ビザの手数料は40米ドルとする。6歳未満の子供は無料。開始時期は2021年初頭としている。

対象国はオーストリア、アンドラ、バーレーン、ベルギー、ブルガリア、バチカン、ハンガリー、ドイツ、ギリシャ、デンマーク、インド、インドネシア、イラン、アイルランド、アイスランド、スペイン、イタリア、キプロス、中国(台湾を含む)、北朝鮮、クウェート、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、マレーシア、マルタ、メキシコ、モナコ、オランダ、ノルウェー、オマーン、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、サンマリノ、サウジアラビア、北マケドニア、セルビア、シンガポール、スロバキア、スロベニア、トルコ、フィリピン、フィンランド、フランス、クロアチア、チェコ、スイス、スウェーデン、エストニア、日本。順序や表記はロシア連邦の発表文に準じている。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内