ロシア、電子ビザを全土に拡大へ 2021年から

2019年6月21日 金曜日 10:30 午後

ロシア連邦外務省

ロシアのプーチン大統領は、2021年1月1日から電子ビザを導入するための大統領命令に署名した。複数のロシアメディアが報じた。

現在、ロシアの電子ビザは極東連邦管区のみが対象で、周遊はできない。有効期間は8日間となっている。これが、2021年より最大14日間から16日間となり、ロシア全土で利用可能になるとみられる。対象となる国は日本のほか、中国、韓国、イギリスなどを除くヨーロッパ諸国、ニュージーランドが検討されている。

2018年のFIFAワールドカップでは、観戦のためにロシアを訪れたFan ID保有者に対し、ロシア国内の周遊を許可し、観光収入の引き上げに大きく貢献した。プーチン大統領や政府高官は、今年に入って電子ビザでの滞在期間延長や全土への拡大についても言及していた。

また、一部報道によると電子ビザの料金は50ドル程度になるとみられる。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内