中国当局、北京への国際線直行便の乗り入れ再開 8ヶ国対象

2020年9月3日 木曜日 7:15 午前

中国民用航空局(CAAC)

中国民用航空局(CAAC)は、北京への国際線直行便の運航を再開する。

首都での新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、3月23日以降、北京に到着するすべての便を対象に、近隣空港に着陸させ、検疫の後に北京へ運航していた。9月1日時点で、511便が対象となっている。

9月3日からは、タイ、カンボジア、パキスタン、ギリシャ、デンマーク、オーストリア、スウェーデン、カナダの8ヶ国からのフライトは、北京へ直接乗り入れることができるようになる。再開後最初のフライトは、エアチャイナのプノンペン発の便となる。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内