大阪メトロの次世代改札機、機能追加 マスク着用時の認証精度向上など

2020年8月17日 月曜日 7:40 午後

東芝インフラシステムズは、大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)の次世代改札機に機能を追加し、処理性能を向上させた。

1台の改札機で顔・QRコード認証の両方式での運用が可能となったほか、マスクなどを着用した際の顔認証の精度を10%向上させた。さらに、ソフトウェア設計の見直しなどにより通過処理速度を40%向上させ、ウォークスルー通行も可能となった。

大阪メトロが実証実験を行っている次世代改札機は、実験開始当初、顔照合技術を用いた改札機とQRコード認証技術を用いた改札機の計2機を設置していた。実験期間は9月30日までを予定し、大阪メトロの社員モニターのみを対象として行う。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内