15%

ANAHDなど9者、ドローンで医薬品を定温配送する実証実験 旭川市で

ANAHD ドローン

ANAホールディングスやエアロセンスなど9者は、オンライン診療や服薬指導と連動し、ドローンでの処方箋医薬品の定温配送による非対面医療の実証実験を実施する。

旭川医科大学病院でのオンライン診療による処方箋に基づき、アイン薬局旭川医大店で、薬剤師がオンライン服薬指導のデモンストレーションを実施し、特別養護老人ホーム緑が丘あさひ園までの約540メートルを、ドローンで医薬品を配送する。到着後には、医薬品の品質や状態をオンラインで確認する。実施日は7月18日と19日で、予備日は8月1日と2日。

医薬品や日用品などの恒常的な配送体制を維持することが困難になりつつある地域の課題解決と、ウィズコロナ時代の診療・服薬指導、配送時の感染リスク低減に貢献するものとしている。

実証実験には、ANAホールディングス、経済産業省北海道経済産業局、旭川市、旭川医科大学、アインホールディングス、エアロセンス、トッパン・フォームズ、緑が丘あさひ園、日通総合研究所が協力する。