フィジー・エアウェイズ、7月31日まで国際線全路線を運休

2020年5月28日 木曜日 2:02 午後

フィジー・エアウェイズは5月27日、全ての国際線の運休期間を、7月31日まで延長すると発表した。

すでに、6月30日までの国際線の運休を発表していた。国内線を運航するフィジー・リンクは、国内線の一部便の運航を再開しており、引き続き運航する。

フィジー国内では、4月20日に18件目の感染例が確認されて以降、新たな感染例は確認されていない。そのうち15人はすでに回復している。日本へ緊急医療搬送を行う場合、少なくとも2,000万円がかかるという。

アンドレ・ビルジョエン最高経営責任者(CEO)は、「この地域では依然として国際線の需要がほとんどないことから、残念ながら当社は7月の予定をキャンセルせざるを得なくなりました。8月にはさらなる削減が見込まれています。当社の国際線機材のほとんどは、貨物輸送サービスに使用される航空機を除き、駐機されたままです。これらのサービスにより、フィジーと主要貿易相手国との間の重要な供給ルートが維持されています。旅行需要が戻り、国際サービスが再開するためには、国境の制限を緩和する必要があります。」と、理解を求めた。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内