国交省、鉄道事業者向けに「多言語掲示物作成システム」提供

2020年5月22日 金曜日 3:24 午前

多言語表示システム

国土交通省は、「多言語掲示物作成システム」を作成し、全国の鉄道事業者に配布する。

台風、大雨、豪雪のほか、人身事故で列車が遅延・運休した際に、鉄道事業者が駅などで、訪日外国人を含む鉄道利用者に多言語で情報を提供できるよう、国土交通省が多言語掲示物作成システムを作成し、全国の鉄道事業者に配布する。一部の小規模事業者では現場での対応に苦慮している状況が見受けられるとしており、速やかに多言語で情報提供が行えるようにする。

xlsm形式で、駅名、路線名、方面名の多言語変換が可能なほか、輸送障害の事象や運行状況、対象路線を選択して多言語掲示物を作成することができる。日本語、英語、中国語、韓国語に対応する。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内