JR東日本、5月28日以降の新幹線や特急間引き 本数2〜5割削減へ

2020年5月8日 金曜日 4:23 午後

JR東日本は新型コロナウイルス感染拡大による需要減少に伴い、5月28日以降、新幹線などの運転本数を削減すると発表した。首都圏の通勤通学利用が多い列車を除き、2割から5割程度の本数を運休させるとしている。

運転本数削減の対象となるのは、東北・北海道新幹線の「はやぶさ」、「はやて」、「やまびこ」、「なすの」号、秋田新幹線の「こまち」号、山形新幹線の「つばさ」号、上越新幹線の「とき」、「たにがわ」、「Maxとき」、「Maxたにがわ」号、北陸新幹線の「かがやき」、「はくたか」、「あさま」号、中央線特急の「あずさ」、「かいじ」、「富士回遊」号、常磐線特急の「ひたち」、「ときわ」号。

対象列車の指定席発売は現在のところ見合わせている。具体的な運転計画や指定席の発売開始日については、5月中旬に発表するとしている。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内