JR四国、4月29日以降の特急・普通列車の運休・運転区間変更予定を発表

2020年4月25日 土曜日 9:10 AM

JR四国 宇和海

JR四国は、4月29日以降の列車の運休・運転区間変更予定を発表した。

予讃線では、5月9日と16日の「ミッドナイトEXP高松」、5月10日と17日の「モーニングEXP高松」、4月29日から当面の間の「宇和海」10・11・16・17号、高松~多度津駅間の普通列車4本を運休する。また、5月9日と16日の「ミッドナイトEXP松山」の運転区間を松山~新居浜駅間から松山~伊予西条駅間に短縮する。

高徳線では、4月29日から当面の間、「うずしお」8・11・14・17号を運休する。

徳島線では、4月29日から当面の間、「剣山」5・7・8・10号を運休する。

土讃線では、5月11日から当面の間、「あしずり」1・10号を運休する。また、4月29日から当面の高松~琴平駅間の普通列車3本の運転区間を多度津~琴平駅間に短縮する。土佐くろしお鉄道中村線の窪川~中村駅間も運休となる。

また、予讃線の「しおかぜ」「いしづち」の一部、土讃線の「南風」「しまんと」の一部で、宇多津・多度津駅での分割・併結を取りやめる。

このほか、ゴールデンウィーク期間中は追加で、1日あたり最大31本の特急列車の運休・運転区間変更を予定している。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内