ファーストキャビン、破産申請 直営施設は営業終了

2020年4月24日 金曜日 5:14 午後

全国に、コンパクトホテル「ファーストキャビン」を展開するファーストキャビンは4月24日、東京地方裁判所に破産手続開始を申し立てたと発表した。

東京商工リサーチによると、運営受託やフランチャイズを中心に、直近では約25軒にまで拡大。2019年3月期の売上高は16億8,645万円だった。昨今の宿泊施設増に伴う競争激化などの要因により事業計画を大きく下回る状況が続き、2期連続の赤字と財務状況が悪化していたことに加え、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から休業していた各ホテルの営業再開の見通しが立たず、当面の資金繰りの目処が付かなくなったとしている。

ファーストキャビン開発、ファーストキャビン京都三条、ファーストキャビン京都嵐山、ファーストキャビン柏の葉の関連会社4社も破産申請を実施した。ファーストキャビンや子会社4社が運営するファーストキャビン築地、ファーストキャビン京橋、ファーストキャビン京都河原町三条、ファーストキャビン京都嵐山、ファーストキャビン柏の葉は営業を終了する。JR西日本ファーストキャビンが、JR西日本と設立した合弁会社が運営していた、ファーストキャビンステーションあべの荘とファーストキャビンステーション梅小路もすでに営業を終了している

その他のフランチャイズ店舗などは、新型コロナウイルスの収束動向を踏まえ、フランチャイズオーナーの判断により営業を再開する予定としている。

東京商工リサーチによると、ファーストキャビンの2019年3月期決算時点での負債総額は11億3,082万円。同日中に破産開始決定を受ける見通し。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内