羽田空港でサーモグラフィーによる体温確認開始 37.5度以上の人に利用控えるよう要請

2020年4月17日 金曜日 1:36 PM

国土交通省は、羽田空港でサーモグラフィーによる体温確認を4月17日午後から開始した。

第1ターミナルと第2ターミナル、ともに保安検査場付近に設置し、利用者の体温を確認する。体温が37.5度以上の人にはチラシを配布し、航空機への搭乗を控えてもらうよう促す。感染症が疑われる場合、航空会社が運送約款に基づき、搭乗を拒否する場合もある。

期間は緊急事態宣言の終了日である、5月6日までを予定しているものの、状況によって変更する場合もある。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内