ANA、旅客機の客室内で貨物輸送 手荷物棚に収納

2020年4月16日 木曜日 12:37 午後

全日本空輸(ANA)は、貨物輸送のために運航する旅客機の客室内に貨物を搭載する取り組みを開始する。

国際線の旅客便の運航が減少する中で、支援物資やマスク・防護服・検査キットなどの貨物輸送の需要は高く、ANAでは一部の中国路線で、貨物のみを搭載した旅客便を運航している。

通常は床下の貨物室のみを使用しているものの、今後は客室部分にも搭載する。4月10日には、上海/浦東発東京/羽田行きのNH968便で、座席上部の手荷物収納棚に貨物を搭載する、ハンドリング検証を実施した。今後は座席の上に貨物を搭載することも検討しており、航空局の承認が得られれば、上海線から順次搭載を開始するという。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内