JAL、国内52路線769便を追加減便 コロナによる累計減便1万超

2020年4月8日 水曜日 1:16 PM

日本航空(JAL)は4月7日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、4月8日から12日までの国内線で追加減便を決定した。

対象は52路線769便で、東京/羽田〜札幌/千歳・大阪/伊丹・福岡線などの幹線も含まれている。3月25日には57路線2,450便、3月31日には5路線173便、4月2日には32路線403便の減便を発表している。

4月8日から12日まで減便率は44%、4月20日から28日までの間は1,782便が減便し減便率は23%となる。これにより、3月29日以降の夏スケジュール期間中の減便数は累計6,908便、これまでの減便数は10,040便となった。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内