武蔵小杉駅の横須賀線ホーム、2面化へ 2022年度末から供用

2020年3月28日 土曜日 8:29 午前

JR東日本横浜支社は、武蔵小杉駅の混雑緩和策として、横須賀線のホーム新設工事に着手する。

横須賀線ホームは現在、1面2線の島式となっている。今般の工事では下り専用ホームを新設して2面2線化し、既存のホームを上り専用とする。新設ホームは15両編成対応の311メートル、基本幅員は約5メートル。階段2箇所、エスカレーター2基、エレベーター1基を設置する。

工事は4月から着手。当初の計画では供用開始を2023年度としていたが、2022年度末頃に前倒しする。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内