ANAとスカイスキャナー、ダイレクトブッキングでの連携開始

2020年3月27日 金曜日 7:04 午前

全日本空輸(ANA)とスカイスキャナージャパンは、航空券比較サイト「skyscanner(スカイスキャナー)」で、NDCプラットフォームを活用したダイレクトブッキングの連携を開始した。

これにより、スカイスキャナー上で検索した後、ANAの航空券を購入する際には、ANAのウェブサイトに遷移することなく、そのまま予約・購入ができるようになる。座席指定や有料ラウンジなどのサービスの選択も可能となるほか、スカイスキャナーのアカウントにログインした状態であれば、登録済みの氏名やパスポート情報も自動表示される。国際線航空券のみが対象となる。

NDC(New Distribution Capability)とは、国際航空運送協会(IATA)が定めた、航空券や付帯サービスに関する情報を配信するための最新通信規格。ANAは認証レベル3を取得した。機内サービスやシート、持ち込み可能手荷物個数などの情報配信のほか、有料ラウンジなどのオプショナルサービスも、外部提携先で購入できるようになる。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内