JR九州、4月6日~5月6日の新幹線・在来線特急の運転計画を発表 700本以上が運休

2020年3月27日 金曜日 8:15 午前

九州新幹線

JR九州は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月6日から5月6日までの間に700本以上の列車を運休する。

運休するのは、4月6日から23日までの九州新幹線「さくら」の臨時列車93本、4月6日から23日までの在来線特急「かもめ」16本、「ハウステンボス」204本、「ソニック」144本、「にちりん」90本、「きらめき」28本、「きりしま」36本、「ひゅうが」72本、「ゆふいんの森3・4号」36本、「かわせみ やませみ1・2号」18本、「A列車で行こう3・4号」10本、4月3~6日、10~13日の「JR KYUSHU SWEET TRAIN 或る列車」16本。在来線特急の運休列車には、定期列車も含まれる。

また、4月6日から23日の「きらめき」4本、「にちりん」54本で運転区間を変更する。このほかにもさらなる運休などを検討しており、一部の特急列車で指定席の発売を中止している。

運休により旅行を見合わせる場合、無手数料にて払い戻しが可能となる。また、運休となる指定席券を持っている場合、指定席の変更にも応じる。これらの手続きは、駅窓口で受け付ける。ただし、JR九州インターネット列車予約できっぷを予約してまだ受け取っていない場合は、予約サイト上の案内に従ってメールまたは電話で払い戻し手続きを進めるようよびかけている。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内