エア・カナダ、米国除く国際線就航都市は6都市に 東京への乗り入れ継続

2020年3月19日 木曜日 1:46 PM

エア・カナダ(ボーイング787-8型機)

エア・カナダは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う渡航規制の影響で、国際線の運航を大幅に削減すると発表した。

アメリカを除く国際線は、4月1日以降、ロンドン、パリ、フランクフルト、デリー、東京、香港への6都市を結ぶ便のみとする。従来の101空港から、わずか6空港に乗り入れ空港が減少する。運航継続は、カナダ人などの母国への帰国や、貨物輸送のためとしている。

エア・カナダのウェブサイトによると、現在も販売を継続しているのは、東京/成田〜バンクーバー線のみとなっている。

アメリカとカナダ政府の決定を踏まえ、4月1日以降、カナダとアメリカを結ぶ路線のアメリカ側の乗り入れ空港は、53空港から13空港に制限する。乗り入れ空港は、ニューヨーク/ラガーディア、ニューヨーク/ニューアーク、ボストン、ワシントン/ダレス、ワシントン/レーガン、シカゴ、ヒューストン、シアトル、サンフランシスコ、ロサンゼルス、デンバー、オーランド、フォートローダーデールとなる。

カナダ国内線もフライトを削減するものの、カナダのすべての州と準州で運航を継続する。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内