オーストラリア政府、全ての渡航者に14日間の自己隔離義務付け

2020年3月15日 日曜日 8:03 午後

オーストラリア内務省

オーストラリアのモリソン首相は3月15日、同日深夜からオーストラリアへの全ての渡航者に対して、14日間の自己隔離措置を求めると発表した。

自己隔離措置に違反した場合、州法によって罰せられる可能性がある。内容は毎週見直される。また、海外からのクルーズ船の入港も30日間は拒否する。

すでに、オーストラリア国民や永住者を除く、中国本土、イラン、韓国、イタリアから出国もしくは通過して14日以内の外国人の入国を拒否している。

オーストラリアでの新型コロナウイルスの感染者数は、3月15日時点で249人にのぼっている。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内