東海道新幹線、「のぞみ」192本運休 3月19日から31日まで、新型コロナウイルスで需要減

2020年3月13日 金曜日 3:21 PM

東海道新幹線

JR東海は、新型コロナウイルスの影響で利用状況が落ち込んでいることから、3月19日から31日まで、東海道新幹線の「のぞみ」号計192本を運休する。4月1日以降も運休する可能性がある。

運休するのは、「のぞみ」号の臨時列車が中心で、期間中は1日最大22本が運休する。「ひかり」号と「こだま」号は運休しない。

運休列車の特急券を持っている場合、窓口での変更が必要となる。エクスプレス予約・スマートEXは変更操作が可能であるものの、「EX早得」など一部商品では変更操作ができず、駅係員に申し出る必要がある。

JR東海は新型コロナウイルスの影響により旅行を取りやめる場合、列車の運休に関わらず、運賃・料金の無手数料払戻を実施する。なお、企画乗車券などは取り扱いが異なる。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(3月30日午前10時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(3月27日午後5時現在)

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内