成田国際空港、ファブリックで製作した内照式の江戸図屏風を展示 国立歴史民族博物館と共同企画

2020年3月12日 木曜日 4:30 PM

20200306_narita_zubyobu

成田国際空港は、国立歴史民俗博物館と共同で、江戸図屏風の高精細画像をもとに、ファブリック素材で製作した内照式の「光る江戸図」と2台の「解説用ICT機器」を第2ターミナルの「NARITA SKY LOUNGE」で、3月12日から展示する。

江戸図屏風は、江戸時代初期の江戸市街地および近郊の景観を画題として、江戸幕府第三代将軍徳川家光の事蹟を描き込んだ、六曲一双の屏風。成立期江戸の景観を描いた数少ない史料のひとつで、国立歴史民族博物館が所蔵している。

また、解説用ICT機器の「Gatebox」と「Sota」では、日本語・英語・中国語・韓国語の4言語で屏風を解説する。「Gatebox」では、国立歴史民俗博物館の3Dキャラクター「もみちゃん」が解説を行う。展示期間は6月末までを予定している。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内