日本入国拒否の対象拡大 イラン・イタリアの一部地域とサンマリノも

2020年3月11日 水曜日 11:00 AM

出入国在留管理庁

出入国在留管理庁は3月11日より、入国拒否の対象をイランやイタリアの一部地域とサンマリノに滞在歴がある外国人にも拡大した。

新たに追加されたのは、イランのアルボルズ州・イスファハン州・ガズヴィーン州・ゴレスタン州・セムナーン州・マーザンダラン州・マルキャズィ州・ロレスタン州、イタリアのヴェネト州・エミリア=ロマーニャ州・ピエモンテ州・マルケ州・ロンバルディア州、サンマリノに14日以内に滞在していた人。

これまでに、中国の湖北省・浙江省、韓国の大邱広域市・慶尚北道(清道郡・慶山市・安東市・永川市・漆谷郡・義城郡・星州郡・軍威郡)、イランのギーラーン州・コム州・テヘラン州に14日以内に滞在歴がある外国人と、中国・湖北省と浙江省で発行された中国旅券を所持する人、香港発のクルーズ船「ウエステルダム」号に乗船していた外国人の入国を拒否している。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(3月30日午前10時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(3月27日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内