イラン3州からの日本入国、検疫官への申告義務化

2020年3月3日 火曜日 6:54 午前

3月1日より、イランのテヘラン州・コム州・ギーラーン州の3州を過去14日以内に滞在した人の日本入国時に、申告することが義務付けられた。

新型コロナウイルスの感染が拡大している3州に滞在歴がある人は、空港で検疫官に申告する必要がある。申告に基づき、健康状態の聞き取りやPCR検査が行われる。

外務省は2月28日、3州に対して発出していた感染症危険情報を「レベル3(渡航中止勧告)」に引き上げたほか、その他のイラン全土に「レベル2(不要不急の渡航は止めてください。」を引き続き発出している。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内