アメリカ国務省、イランへの渡航情報「渡航禁止」に

2020年2月29日 土曜日 2:20 午後

アメリカ国務省は、イランへの渡航情報を、最上級の「渡航禁止(Do Not Travel)」に引き上げた。

新型コロナウイルスの感染者が拡大していることを受けたもので、すでにいくつかの国が国境を閉鎖し、航空便の乗り入れを停止している。

この他にもアメリカ国民はスパイや国家安全保証への脅威などの罪で、二重国籍のイラン系アメリカ人を不当に拘束、投獄していることからも注意を求めている。

すでに、中国には最上級の「レベル4(旅行禁止)」、韓国には「レベル3」、日本とマカオ、香港には「レベル2」を発出している。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内