ロシア・韓国間の航空便、3月1日から一部除き運航停止 新型コロナウイルスの影響

2020年2月29日 土曜日 6:07 AM

アエロフロート・ロシア航空

ロシア政府は現地時間2月26日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、ロシアと韓国を結ぶ航空便の運航を3月1日より一部を除き停止すると発表した。

3月1日以降も引き続き運航を続ける定期便は、アエロフロート・ロシア航空とオーロラ航空が運航するフライトのみとなる。オーロラ航空は、韓国に滞在するロシア国民全員が帰国できるまでチャーター便を運航するとしている。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(3月30日午前10時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(3月27日午後5時現在)

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内