サウジアラビア、コロナ感染国からの入国制限 日本など、観光ビザ申請できず

2020年2月27日 木曜日 5:01 PM

サウジアラビア

サウジアラビア政府は、保健当局からの勧告に基づき、ウムラや預言者モスクへの訪問を目的とするサウジ入国や、新型コロナウイルスを拡散する恐れのある国からの観光ビザ、商用ビザ保有者の入国を制限する。

暫定的な措置で、観光ビザ(e-Visa)申請公式ホームページからは、日本や中国、韓国、カザフスタン、マレーシア、シンガポール国籍者は申請ができない状態となっている。

在サウジアラビア日本国大使館によると、サウジアラビア政府は商用ビザ所持者の入国も認めていない。対象国は、日本、中国、韓国、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、インド、パキスタン、アフガニスタン、イラン、イラク、シリア、レバノン、イエメン、アゼルバイジャン、カザフスタン、ウズベキスタン、イタリア。ソマリア、ベトナムの各国。

サウジアラビア政府は2019年9月、日本を含む49ヶ国の国民を対象に、観光ビザの発給を開始していた。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(3月30日午前10時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(3月27日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内