米疾病対策センター、韓国の渡航注意レベルを最高に引き上げ 不要不急の旅行取りやめ求める

2020年2月25日 火曜日 11:52 午前

アメリカ疾病対策センター(CDC)

アメリカ疾病対策センター(CDC)は、現地時間2月24日、韓国の渡航注意レベルを最も高い、「Warning(不要不急の旅行を避ける)」に引き上げた。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴うもので、不要不急の旅行を避けるよう求めている。

CDCによる渡航注意情報は、「Watch(通常の予防措置を実践)」「Alert(予防強化)」「Warning(不要不急の旅行を避ける)」の3段階。中国には最上級の「Warning」、日本とイタリア、イランには「Alert」、香港には「Watch」が発出されている。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内