外務省、韓国・大邱広域市と慶尚北道清道郡に感染症危険情報 不要不急の渡航控えるよう呼びかけ

2020年2月25日 火曜日 11:42 AM

外務省は2月25日、韓国・大邱広域市と慶尚北道清道郡に、感染症危険情報の「レベル2(不要不急の渡航は止めてください。)」を発出した。

19日以降、大邱広域市と慶尚北道清道郡で、新型コロナウイルスの感染症例が急増し、24日までに607例が報告されている。韓国保健福祉部の発表によると、韓国全体では合計で833例となった。韓国政府は21日、大邱広域市と慶尚北道清道郡を「感染症特別管理地域」に指定し、23日には感染病危機警報を最高段階の「深刻」段階に引き上げている。

外務省では、状況を総合的に勘案し、感染症危険情報の「レベル2」を発出するとしている。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(3月30日午前10時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(3月27日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内