新型コロナウイルス、日本の観光収入に約1.4兆円の影響 ICAO暫定予測

2020年2月19日 水曜日 11:50 AM

国際民間航空機関(ICAO)は、新型コロナウイルス(COVID-19)による中国からの渡航禁止に伴う、経済的影響を暫定的にまとめた予測を2月13日、発表した。

ICAOによると、約70社が中国本土を発着する全ての国際線を欠航し、50社が関連する航空業務を縮小した。これにより、中国国外の航空会社では80%、中国の航空会社では40%、国際線の供給座席数を減らしている。当初、2020年第1四半期には前年比9%の増加を見込んでいた。

これにより、2020年第1四半期の暫定的な予測旅客数は、当初予測から39%から41%減の、1,640万から1,960万人となる見通し。世界全体の航空会社の営業収入に、40億から50億米ドルの影響を与える可能性があるという。

香港やマカオ、台湾の影響のほか、貨物、空港、航空サービス提供会社、中国国内の交通などへの影響は含まれていない。中国からの航空旅客の減少により、観光収入は日本では12.9億米ドル(約1兆4,170億円)、タイでは11.5億米ドル(約1兆2,632億円)減少すると予測している。

ICAOでは、2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行よりも影響が大きいとみているとした。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内