JR中央線快速など、3月14日から車内トイレ使用開始 全列車の設置完了は2023年度末予定

2020年2月15日 土曜日 3:29 PM

JR 中央線

JR東日本は、中央線(快速)や青梅線などで運転しているE233系車両に設置されたトイレについて、3月14日から使用を開始すると発表した。

旅客サービス向上を目的として、中央線(快速)東京~大月駅間や青梅線立川~青梅駅間で主に運転するE233系車両にトイレを設置する工事を実施している。設置位置は、10両編成の4号車(東京方から数えて4両目)で、5号車寄りの1箇所。

車両基地などの改修工事が完了したため、3月14日から使用を開始する。なお、全列車への設置工事が完了するのは2023年度末の予定。

詳細はこちら

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されません。* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内