”まともに予約ができない旅行予約サイト” 新「るるぶトラベル」に非難の声

2020年2月7日 金曜日 4:45 PM

るるぶトラベル

2月4日、JTB(ジェイティービー)が旅行予約サイト「るるぶトラベル」と、訪日旅行者向け予約サイト「JAPANiCAN.com」の2サイトを刷新したが、ネット上ではユーザーと施設側の双方がその使い勝手の悪さと数々の不具合を指摘し「炎上」状態となっている。Agoda(アゴダ)とJTBの間で締結された包括的業務提携の第一弾との事だが、ユーザーからは「使いづらくなった」「選ぶ理由がなくなった」と猛反発を招いている。

予約サイトなのに…ホテルの検索ができない

海外OTA(オンライン旅行代理店)が国内で苦戦している理由の一つが、日本人の宿泊施設の利用形態に即した検索エンジンが提供できていないことだと指摘されるが、今回のサイトリニューアルではほぼAgodaの検索フォームを踏襲したため、「国内旅行会社であるJTBのサイトを選ぶ意味がなくなった」との声が多く聞かれる。

新サイトでは都道府県名や地域をマップやリストから絞り込むことはできず、キーワード入力と利用日、宿泊人数による検索しかできない(PC版では下方に「〇〇県の予約」などという文字リンクも存在するが、それを選んでも地域内での絞り込み検索機能は無いので意味はない)。実際筆者が検索しても、有名温泉地や県庁所在地のホテルに関してはある程度の検索ができたものの、それ以外の地域に関してはまるで使えないと言わざるを得ない。「奥飛騨」はエラー表示、「日景温泉」などのローカル温泉地は完全一致させても検索されない。

もう少しメジャーな「成田」を検索しても上方に出てくる選択肢は、成田空港、成田病院、成田山分院(仙台)…などホテル検索のサイトとは思えない有様だ。恐らくこの時点で半数以上の利用者はサイトを離脱するだろう。

成田病院をクリックするとなぜか名古屋のビジネスホテル一覧が表示されるのでよく見てみると、千葉・成田と愛知・名古屋に同名の病院があるようだ。ホテル名を直接入力すれば検索は可能だが、あらかじめめ宿泊希望のホテルが決まっているなら、わざわざ総合サイトを選ばず直接その宿のサイトを予約した方が早いだろう。地域を絞り込みながら比較検討しつつ宿を選ぶという従前のスタイルを完全否定してしまったことは、国内に顧客基盤を持つサイトとしては致命的だ。

また、日本のユーザーなら必須の食事の有無や部屋タイプによる検索は、検索を経てホテルのプラン表示までたどり着かない限り不可能になった。これでは旅館タイプの宿を切り捨てたのと同じことだ。海外のOTA各社が旅館タイプの取り込みを強化し、日本独自のUIカスタマイズに取り組んでいるのと比較すると今回のサイトリニューアルが時代に逆行していることは否めない。JTBの今後の施設との関係悪化が心配にすらなってくる。

1 2

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されません。* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内