JR3社、「新幹線 e チケットサービス」を3月14日開始 「モバイルSuica特急券」サービス終了

2020年2月4日 火曜日 3:54 午後

JR東日本とJR北海道、JR西日本は、「新幹線 e チケットサービス」を3月14日より開始する。

えきねっとやe5489で予約・購入の上、交通系ICカードを新幹線の自動改札機にタッチするたけで、東北・北海道・上越・北陸・山形・秋田新幹線をスムーズに利用できる。同一列車・行程の場合には、1予約で6人まで乗車できる。在来線を利用する場合には、交通系ICカードの残額でシームレスに利用できる。特定都区市内制度は適用されない。

料金は通常より割安で、普通車指定席の通常期大人料金は、東京〜新函館北斗(はやぶさ利用)・山形・金沢駅間では、通常運賃・料金から200円割引となる。

会員登録の上、全国相互利用対象の交通系ICカードを登録しておくことで、券売機や窓口できっぷを受け取ることなく利用できる。センターサーバで予約情報の管理から認証処理までを行う、センターサーバ照会方式を採用した。

予約受付は、2月14日午前10時より開始する。事前申し込みや会員情報への交通系ICカードの登録は、2月7日午前5時30分から可能となる。

「新幹線 e チケットサービス」の導入に伴い、「モバイルSuica特急券」は3月13日をもってサービスを終了する。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内