ANAと豊田自動織機、中部国際空港でトーイングトラクターの自動走行実証実験

2020年2月3日 月曜日 4:49 午後

全日本空輸(ANA)と豊田自動織機は、中部国際空港の制限区域で、トーイングトラクターの自動走行実証実験を2月10日から14日まで実施する。

2019年10月には佐賀空港でも実証実験を行っており、成果や課題を踏まえ、車両の往来が多く、屋内外での連続した長距離走行が必要な条件下での自動走行や荷物の搬送ができることを確認することを目的に実施する。

ANAと豊田自動織機では、2020年度内の実用化を目指すという。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内