ベトナム当局、中国本土・香港・台湾などからのフライト発着禁止

2020年2月2日 日曜日 9:14 午前

ベトナム民間航空局(CAAV)は、現地時間2月1日午後1時より中国・香港・マカオ・台湾からのフライトの発着を禁止した。

すでにベトナム航空とジェットスター・パシフィック航空、キャセイパシフィック航空、チャイナエアライン、エバー航空などは、運航を停止することを発表している。台湾はその後、対象から外された。

1月に運航を開始したばかりの台湾のスターラックス航空は、1日6便のうち、マカオ線の1日2便が新型コロナウイルスの影響で運休に追い込まれている。さらにベトナムへの乗り入れが禁止されたことで、ダナン線の1日2便も運休となり、過半数のフライトが運航できなくなるとみられていた。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内