KDDIら6者、東京臨海エリアでのMaaS実証実験アプリ「モビリティパス」を1月16日から提供開始

2020年1月20日 月曜日 12:01 PM

odaiba_maas_app

KDDI、ナビタイムジャパン、ドコモ・バイクシェア、JapanTaxi、東京臨海高速鉄道、東京臨海副都心まちづくり協議会の6者は、MaaS実証実験アプリ「モビリティパス」を1月16日から提供する。

お台場エリアの地図と観光関連記事やスポット情報を閲覧できるほか、エリア内で利用できるクーポンの配信、りんかい線やシェアサイクル、実証実験の一環で初めて運行する無料の予約制シャトル「東京臨海シャトル」などのさまざまな移動手段を組み合わせた最適なルート検索ができる。ルート検索結果画面からは、シェアサイクルの1日パスや「東京臨海シャトル」の予約ができる。

今回、アプリ内でアンケートに回答した人を対象に、りんかい線1日乗車券をプレゼントするキャンペーンも実施する。

MaaSの実証実験とアプリの提供は、東京都が公募した「MaaS社会実装モデル構築に向けた実証実験プロジェクト」に基づいて行う。実証実験を通じて、東京臨海副都心エリアの情報を広く発信するとともに、便利な移動手段を提供することで、国内外の観光客のスムーズな移動と回遊率向上を図り、観光活性化に貢献する。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内