東急、交通・映画・食事が一体となったサブスクリプション型チケットの実証実験を3月に開始 日本初

2020年1月19日 日曜日 9:43 午前

東急 サブスクリプション

東急グループは、東急線沿線で交通、映画、食事が一体となったサブスクリプション型チケット「東急線・東急バス サブスクパス」に関する実証実験を3月1日より開始する。

1ヶ月単位の東急線全線、東急バス全線の乗り放題乗車券を基本とし、「109シネマズ」映画観放題パス、東急線駅構内にあるそば屋「しぶそば」定額パス、専用電動自転車と駐輪所の貸与サービスの中から追加サービスとしていずれか一つを選択できるセットとして販売する。有効期間は1ヶ月間で、利用期間は3月・4月・5月のいずれかから選択できる。

「109シネマズ」映画観放題パスでは、109シネマズ二子玉川・グランベリーパーク・港北・川崎とムービルで期間中映画が観放題となるほか、ポップコーンSサイズ(塩orキャラメル)が50円割引になるキャンペーンも実施する。

「しぶそば」定額パスでは、全12店舗で1日1回かけそば、またはもりそばを食べることができる。

専用電動自転車と駐輪場の貸与サービスでは、東急線沿線の一部駐輪場に、利用者専用電動自転車と駐輪スペースを用意するもので、4月、5月のみ選択可能となる予定。なお、同サービスに限り、東急バスを含まない東急線全線のみの乗り放題乗車券に追加することも可能となる。

価格は18,000円から36,500円(税込)。購入は東急が運営するオンラインサイト「SALUS ONLINE MARKET」より受け付ける。

電車・バス・電動自転車などの交通手段と、映画・食事などの生活サービスが一体となった定額制サービスは、日本初の取り組みであり、同社は、今回の実証実験の結果を踏まえ、交通を基軸にしたあらゆるサービスとの連携を念頭に、デジタル基盤での複合的なプラットフォームサービスの本格導入を検討していくとしている。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内