ガルーダ・インドネシア航空、エアバスA330-900neoを初受領 14機導入へ

2019年11月18日 月曜日 4:46 PM

ガルーダ・インドネシア航空は、エアバスA330-900neoの初号機を受領した。

エアバスA330-900neoを14機発注しており、最初の機体となる。ビジネスクラス24席、エコノミークラス277席の計301席を配置している。ジャカルタとヨーロッパの主要目的地を結ぶ路線にも投入できる。

ガルーダ・インドネシア航空は、エアバスA330型機を24機保有しており、地方路線や長距離路線に投入している。従来機と95%の共通性を持ち、飛行可能距離は最大1,500海里(約2,778メートル)拡大した。エンジンはロールス・ロイス製のトレント7000を2基装備し、全世代の競合機と比べて、燃料消費量を25%削減できる。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内