小田急のMaaSアプリ「EMot」、10月末から実証実験を開始 新宿・新百合ヶ丘・箱根で

2019年10月22日 火曜日 10:16 PM

EMot

小田急電鉄が開発するMaaSアプリ「EMot」は、10月末から2020年3月10日までの間、実証実験を行う。

サービス開始時点で、EMotが有する機能は「複合経路検索」と「電子チケットの発行」の2つ。「複合経路検索」では、鉄道やバスに加え、タクシーやシェアサイクル等を組み合わせた経路検索ができるほか、経路検索結果から連携しているアプリ・サイトへ遷移して、モビリティの予約・決済が可能。「電子チケットの発行」では、箱根フリーパスをはじめとした企画券や飲食チケットが購入できるほか、ショッピング等に応じて無料でモビリティが利用できる特典チケットを発行する。

今回の実証実験では、同社の「デジタル箱根フリーパス」や連携する遠州鉄道の「遠鉄ぶらりきっぷ」、「HAMANAKO RAIL PASS」等の6つの企画乗車券をアプリ内のチケットストアで販売する。また、新たなライフスタイルの提案として、同社の商業施設「新百合ヶ丘エルミロード」で一定金額以上の買い物をした利用者に、新百合ヶ丘駅発着の小田急バスに乗車できるチケットをプレゼントするほか、新宿駅・新百合ヶ丘駅構内にある、「おだむすび」、「箱根そば」、「HOKUO」のいずれかの店舗で1日1回利用できるサービスチケットを定額で販売する(飲食サブスクリプション)。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内