驚愕の「トルクメニスタン200ドル激安ツアー」 謎に満ちた2泊3日弾丸ツアーの全貌(後編)

2019年9月27日 金曜日 11:35 AM

「中央アジアの北朝鮮」との異名をとる独裁国、トルクメニスタン。そのチャーターフライトが往復わずか200ドル。このツアーについて書き始めたところ、ネタがあまりにもテンコ盛りで、現地に到着するまでの文章量が多くなりすぎた。そこで2部に分け、肝心の現地がどうだったのかについてはこの後編でお伝えする。爆安ツアーの設定やトルクメニスタン航空に興味がある方は前編を確認してほしい。

驚愕の「トルクメニスタン200ドル激安ツアー」 謎に満ちた2泊3日弾丸ツアーの全貌(前編)
https://www.traicy.com/20190713-fukabori

最近旅先で驚くことが少なくなった。南米に行こうがアフリカに行こうが、世の中は均質化し、事前にネットで得た情報と大差ないできごとが目の前に現れる。だが、トルクメニスタン弾丸ツアーは、そんな腐りきった旅行者の惰性を叩き切ってくれた。

アシガバート国際空港に到着したトルクメニスタン航空のボーイング777。前方から出た政治家や企業関係者は正面のVIPやCIPと書かれた入り口に吸い込まれていった。後方から降りた我々はバスで別のところに移動した。(写真:橋賀秀紀)

羽田からのトルクメニスタン航空チャーター便は、定刻よりも30分早くトルクメニスタンの首都アシガバート国際空港に到着した。着陸直前に見えたターミナルビルは、白亜のハヤブサのような形状をしている。鳥の形をした世界最大の空港建築でギネスブックに登録されているとか。いやいや、最大以前に鳥の形をした空港建築などほかにあるのだろうか。

立派な空港ではあるが、機体の数は少ない。沖止めとなった機体の外にはお偉いさん方や民族衣装を着た子供、報道陣などが待ち構えていた。

前編で触れたが、この200ドルの超格安チャーターフライトは、川崎重工の主導する天然ガスプラントの完成を祝う式典に出席する人々を運ぶのが主目的である。前方のドアからは日本の政治家や企業関係者が降りて歓待されているのだろう。後方のドアの旅行者はお預けを食らったが、もちろん文句を言える立場ではない。タラップのたもとには可愛らしいこども4人がピシメと呼ばれる揚げ菓子の満載されたトレイを持って待ち構えている。その後、何度となくこの光景が繰り返されるのであった。

1 2 3 4

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内