首都圏私鉄各社、8日の終電繰り上げ相次ぐ 台風接近で計画運休

2019年9月8日 日曜日 8:03 PM

東武鉄道50050型(東急田園都市線内)

首都圏の私鉄各社は、台風15号の接近で、きょう8日の終電を繰り上げる。午後7時30分現在の各社の発表は次の通り。

東武鉄道は、東武スカイツリーラインや東上線などの全線で、8日午後8時頃から順次運転本数を減らし、午後11時頃から終電車まで運転を見合わせる。9日の特急・TJライナーはすでに運休が決まっている。

京王電鉄は、京王線・井の頭線で午後9時以降運転本数を減らし、概ね午後10時頃までに全列車の運転を取りやめる。京王ライナーは一部運休する。

小田急電鉄は、順次運転本数を減らし、午後10時をめどに全列車の運転を取りやめる。他社線などへの振替輸送は実施しない。東京メトロ千代田線の直通は中止する。特急ロマンスカーの運転は見合わせる。

東急は、午後7時30分頃から順次運転を取りやめ、午後10時ころには全列車の運転を終了する。

多摩都市モノレール(多摩モノレール)は午後10時から順次運転本数を減らし、午後11時以降は全列車の運転を取りやめる。

伊豆急行線・箱根登山鉄道はすでに8日の運転を取りやめている。

上信電鉄上信線は、午後9時30分発高崎発の列車から、南蛇井~下仁田駅間で区間運休し、ハイヤーで代行輸送する。

その他の鉄道各社も、運休などが発生する恐れがあるとしている。また、9日も台風の状況等により、始発から通常通り運転できない恐れがあるとして、最新の情報に注意するよう呼びかけている。

■関連記事
JR東日本、台風の影響で首都圏各路線で計画運休 運転再開後も本数大幅減
東京メトロ、台風接近で東西線・有楽町線の地上区間を計画運休 大幅なダイヤ乱れの恐れ
東京モノレール、台風接近で計画運休 8日の終電繰り上げ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内