外国人の出入国手続きで顔認証ゲートの利用開始 羽田空港から順次拡大

2019年7月26日 金曜日 12:50 午後

法務省出入国在留管理庁は、外国人の出入国手続きでの顔認証ゲートの利用を、7月24日より開始した。

まずは羽田空港から運用を開始し、8月27日より成田空港、9月25日より関西国際空港、10月8日より福岡空港、11月7日より中部国際空港、11月中旬より新千歳空港、2020年7月上旬より那覇空港で運用を開始する。新千歳空港と那覇空港は、空港施設の整備状況に応じて運用を開始する。

利用対象者は、(1)IC旅券を所有し、(2)顔認証ゲート利用時に1人で機械の操作ができること、(3)身長が135センチ以上であること、(4)「短期滞在」の在留資格で在留し出国しようとすることが条件となる。再入国許可による出国では利用できない。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内